2008年12月04日

塗替えの役割

塗替えの役割

日本の住宅は、第二次世界大戦後の住宅不足時代から70年代の高度成長期を経て、バブル時代まで年間150〜160万戸の住宅が新築されてきました。しかし、バブル崩壊後、新築需要は20〜30%低下して新築から中古住宅の長寿命化を図るストックの時代に変化してきました。

日本の住宅寿命は、26年といわれ、アメリカの44年、イギリスの75年に比べて大幅に短いのです。日本の寿命が短命な理由を、自然災害や火災で建物が消失する風土や建物を「仮の宿」と位置づけしていた日本人の意識を求める意見もありますが、本来日本の建物は長寿命でした。かつての日本の家屋の考え方は「3代持つ家」でした。補修や手入れをしながら長い期間暮らしていたのです。

現在、地球温暖化やヒートアイランド対策などの影響で環境に配慮した低炭素な社会を目指す考え方に変わってきて住宅の長寿命化を図るようになってきました。これは地球環境の保護から考えても当然の流れです。

住宅の寿命を60年に延ばそうと考えた場合、住宅を構成する材料が全て60年耐えられるものではなく、定期的なメンテナンスが必要です。特に屋根や外壁は、紫外線や雨風にさらされ、ほこりや排気ガスなどの有害物質、カビや藻などの影響を受け表面が汚れて見た目も悪くなってきます。さらにこれを放置しておくと、クラックや錆びが発生し雨水が入り込み建物の構造にも影響を及ぼし耐久性を低下させる原因になりかねません。

建物の寿命を守り維持するためには、適正な時期に適正なメンテナンスをすることです。塗替えは、屋根や外壁の外装材そのものの性能を維持し新築同様の外観に復元することができるのです。定期的なサイクルで塗替えを行うことで建物の耐久性を延ばして資産価値を高めてくれます。
posted by 塗替見積ドットコム at 13:01| Comment(0) | 塗替えの役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。