2008年12月12日

遮熱の原理とメカニズムについて

遮熱原理とメカニズム
太陽光エネルギーは、様々な波長の光となって地球に届きます。その太陽光は、波長により紫外線、可視光線、赤外線の3つの領域に分かれます。その特徴は次のようです。

紫外線:紫外線は殺菌効果や有機物の劣化と分解を主な働きとしているため、有害な波長で物質を劣化させ日焼けなどの原因になります。また塗装面の影響を最も大きくさせる光線です。紫外線は太陽光エネルギーの約3%を占めます。

可視光線:色として認識できる波長領域で、私たちの目に感じる太陽光線で7色の光線はこの領域の光です。太陽光エネルギーの約47%を占めます。

赤外線:最もエネルギーに変わりやすい波長領域です。これは熱線とも呼ばれる目に見えない光線で私たちが熱いと感じる物体から発せられる光線はこの領域です。吸収されたエネルギーは、分子運動を活発にし、熱へと変わります。太陽光エネルギーの約50%を占めます。
posted by 塗替見積ドットコム at 08:09| Comment(0) | 遮熱の原理とメカニズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。